耳鼻咽喉科



耳鼻咽喉科診療時間



当院では病院連携の精神に基づき、東北労災病院等と積極的に協力体制を築いており、平成22年11月より月2回、東北労災病院耳鼻咽喉科医師による外来診療を開始致しました。
担当医師:東北労災病院耳鼻咽喉科医師
診療時間:月2回 火曜日 午前9時から11時まで
※日程についてはお知らせページでご確認下さい。
※原則として、予約制になります。小児のチューブで紹介の方や、東北労災病院からの紹介の方が対象となります。



耳の症状

急性中耳炎、慢性中耳炎、滲出性中耳炎、急性外耳道炎、先天性耳ろう孔、耳介血腫、低音障害型急性感音難聴、突発性難聴、外耳道異物、耳垢塞栓、外耳道湿疹、騒音性難聴(急性音響外傷、コンサート難聴を含む)、聴神経腫瘍、真珠腫性中耳炎、老人性難聴 等


※画像で耳の状態も確認することができます。


鼻の症状

急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、鼻前庭炎・鼻せつ、鼻腔異物、鼻出血 等


口・喉の症状

急性扁桃炎、扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、声帯ポリープ、声帯結節、喉頭腫瘍、咽頭異物、咽頭腫瘍、顎関節症 等


その他の症状

顔面神経麻痺、唾石症、いびき・睡眠時無呼吸症、めまい(良性発作性頭位めまい症・メニエール病・前庭神経炎) 等


炭酸ガスレーザー治療

アレルギー性鼻炎に対する鼻粘膜切除術、・レーザー鼓膜切開、乳頭腫等の小手術等に使用致します。アレルギー性鼻炎に関しては従来の鼻粘膜手術や、電気・薬品による鼻粘膜焼均に比べ、ほとんど疼痛や出血がなく、時間も比較的短く、安全に施術頂けます。


炭酸ガスレーザー鼓膜切開装置オトラム(OtoLAM)

img_photo10鼓膜をレーザー光にて円形に瞬時に切開する機械です。従来のメスによる切開に比べ出血がほとんどなく、チューブを長期に留置する治療に比べ、永久穿孔になることがほとんどなく、反復性中耳炎に対するメスによる切開、チューブ留置に変わる画期的な治療とされています。宮城県では、耳鼻咽喉科診療所では当院、病院では東北大学病院、仙台市立病院、東北労災病院等にあります。
平成27年12月に新型に更新しました。旧型に比べ連続発射が可能となり、より確実に非接触で穿孔を形成できます。
平成28年1月


通院が難しい場合

必要に応じてご自宅での診療(往診)も可能です。寝たきりの方の耳垢除去等、お気軽にご相談下さい。※基本的にかかりつけ医の紹介状が必要となります。