医院のご案内

医院の方針

当医院では、最新の医療知識に基づく医療を積極的に行い
「説明のある医療」、「見せる医療」を目指しております。
院内での小児科・耳鼻科との診々連携はもちろん、その他にも近隣の内科等の先生方そして東北労災病院やJCHO仙台病院と連携をとることで適切・適確な医療を行えるよう日々気を配り、万全な体制で診察をしております。



医院の特徴

耳鼻科・小児科との連携

一見関連性の無い耳鼻科・小児科のように見えますが実は非常に強い関連性を持っています。
特に乳幼児の中耳炎等に関しては、風邪から中耳炎になるケースが多く耳鼻科受診・小児科受診と悩まれる場合がありますが、池田クリニックは小児科・耳鼻科と両方の診察が一度に受けられる仙台唯一の診療所です。


自己治療のススメ

通院回数がなるべく少なくなるよう、自宅でできる事は自宅で自己治療を指導するなど、患者様の為になることを第一に考え診療をさせていただいております。小児科・耳鼻科の標榜診察を行っているのは、診療所では仙台市内でも池田クリニックだけとなっております。お子様の中耳炎などでお悩みの方がいらっしゃったら、どうぞ一度、ご相談にいらしてみて下さい。


理事長のご挨拶

1968年に義父が池田小児科医院を開設し、2018年で開院50年目を迎えました。池田クリニックとして、医療法人化しスタートしたのが2000年1月、同年6月より耳鼻咽喉科を併設しはや19年目に入ります。その間、2005年電子カルテ導入、2008年ホームページ開設、2010年予約システム導入、耳鼻科では東北労災病院等との病診連携、患者様だけでなく医師も動く病診連携として東北労災病院等での外来に出向き、東北労災病院の医師にも月に2回程、当院で外来を担当して頂く事等をすすめて参りました。
2016年1月には新たに耳鼻咽喉科に非常勤医師を招き、週1回程度を担当して頂いています。皆様に信頼される医療機関になることを職員一同目指していきます。今後とも何卒宜しく御願いします。
理事長 綿谷秀弥(耳鼻科医師)
2019年4月



ジェネリック医薬品の処方について

皆様も御存知のように、厚生労働省の医療費抑制策のひとつとして「ジェネリック医薬品の処方」が推奨されております。 当院でもなるべくジェネリック医薬品を処方できる処方箋にいたしたいと考えております。
近年一般名処方が導入されるようになりましたが、薬剤効果に差異がないと考えられる薬品については積極的に一般名処方を導入して参ります。
実際、ジェネリック医薬品にするかどうかは薬剤師の先生と相談され、患者様御自身で決定して下さい。
以上、当院での院外処方箋発行に対する施行方針を書かせて頂きました。御理解の程、何卒宜しく御願い申し上げます。